Seminar

’24 5/12(日)〜デジタル時代だからこそ求められる咬合理論〜『咬合治療の臨床』

’24 5/12(日)〜デジタル時代だからこそ求められる咬合理論〜『咬合治療の臨床』

 

〜デジタル時代だからこそ求められる咬合理論〜『咬合治療の臨床』が5/12(日)開催となります。

昨今、デジタルやバーチャル咬合器などが話題となっておりますが、それらを扱うベースは『正しい咬合の知識』です。

今期より、バーチャル咬合器の効果的な活用方法も取り入れ、フルデジタルを想定した補綴設計なども行って参りたいと思います。

稲葉先生の膨大な「咬合」に関する知識を学んでいただけるチャンスです!

以前のセミナーの様子

咬合治療の臨床(ベーシック)

⇒以前のセミナーレポートはこちら

歯科医療は『咬合』が基本であり、長持ちする良質な医療を行うために欠かせない知識です。

1.咬合の歴史
2.歯と歯列の関係
3.咬合面の8要素
4.咬合様式
5.下顎位
6.下顎運動
7.顎機能検査
8.咬合器・フェイスボウトランスファー
9.顎関節診査診断・治療・マニピュレーション

など、歯科大学では詳しく学ぶことができなかったのではないでしょうか。

58年間多くの咬合の巨匠から得た、稲葉繁先生の臨床をお伝えいたします。

稲葉先生は『咬合』はやさしいと言います。一番簡単に覚えられるルールや法則を、先生方にお伝えいたします。

患者様の健康を守るためには、『咬合』の知識が何より優先です。
そして、質の高い仕事や全顎治療に移行しようと思っている先生方にとって、咬合の知識は何よりの支えになると思います。

ぜひ、この機会にIPSGのセミナーにご参加いただきたいと思います。

YouTubeチャンネルも更新中です!

※セミナーに参加できない先生方に向けて、IPSGでは、顎関節症に関するDVDを販売しております。
▼DVD IPSG DVDライブラリ Vol.7『咬合治療の臨床』
これからの歯科治療における咬合治療の重要性、治療におけるポイントなど、実際の症例映像、パワーポイント素材などと合わせて解説。

https://ipsg.ne.jp/ipsg-dvd-library-vol7

ぜひDVDもご活用頂ければと思います。

Outline

研修名 ’24 5/12(日)〜デジタル時代だからこそ求められる咬合理論〜『咬合治療の臨床』
研修日程 2024年05月12日(日)
時間 10:00~17:00
参加費用 会員45,000円(税別)
一般50,000円(税別)
講師 稲葉繁先生
岩田光司先生
高瀬直先生
※振込受領書をもって領収書に代えさせて頂きます。
※振込手数料はご負担お願い致します。

Lecturer

  • 稲葉繁先生

    稲葉繁先生

    1964年 日本歯科大学 卒業
    1968年 日本歯科大学 大学院 修了
    1969年 日本歯科大学 歯学部 補綴学教室 講師
    1972年 日本歯科大学 歯学部 補綴学教室 助教授
    1978年 西独チュービンゲン大学 留学
    E.Koerber教授の下で客員教授
    1992年 日本歯科大学 歯学部 高齢者歯科学教授
    1999年 日本歯科大学 歯学部 補綴学第3講座教授
    現在 一般社団法人 IPSG包括歯科医療研究会 代表

Entry

参加受付中のセミナー

開催予定のセミナーはありません。

開催予定のセミナー

開催予定のセミナーはありません。

〒101-0021
東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル5F
TEL:03-3525-8314   
FAX:03-3525-8317