Information & Blog

ドイツ、稲葉繁先生が客員教授を勤めたチュービンゲン大学レポート①

先日、父が代表を務めるIPSGドイツ研修旅行で、チュービンゲン大学を訪れました。
数回に渡り、レポートをお伝えしたいと思います(^_-)-☆

私の父である稲葉先生は、1978年から2年間チュービンゲン大学歯学部補綴科(クラウンブリッジや義歯を専門とする科)に留学していました。
チュービンゲンはドイツの南西に位置しています。チュービンゲン大学は1477年に創設されたドイツでも歴史ある大学です。

DSC01230.JPG

ドイツでは、神学、医学、法学、哲学の4学部があって“大学”と呼べるそうです。
現在は16学部ありますが、キャンパスは同じ場所にありません。
街の中に点在しています。

DSC00917.JPG

歯学部は医学部と同じ場所(Universitätsklinikum Tübingen:UKT)にあり、各科(内科、外科、産婦人科、歯科など)で独立して建物があります。
ドイツの歯学部に入学するのは、本当に大変です。
ドイツではアビトゥアー(Abitur、大学入学資格試験)の点数が医学部より難しくなっています。

最近ではドイツ人であっても歯学部へ入学するのは難関であり、他のEU加盟国へ行って、歯科医師になった後にドイツに戻ってくるそうです。

チュービンゲン大学が力を入れているのは、特にこの3つ。
インプラント、審美、そしてテレスコープシステムです。
大学では、テレスコープの10年、15年、20年と追跡調査をしていて、沢山のデータがあるそうです。

DSC01408.JPG

この像は、大学の入り口にあるもので、患者様はいつも辛い気持ちで、困ってらっしゃることを忘れないように、先生たちはいつもそれを頭に入れておかないといけない。
という意味があるそうです。

DSC01349.JPG

稲葉先生は、補綴科で学生の講義も受け持っていました。
そして、今回、稲葉先生の講義を受けたとおっしゃる方がいらっしゃって、その方はなんと、チュービンゲン大学補綴科教授になっていました。
白い白衣を着た女性のEva Engel教授です。

DSC01353.JPG
30年以上も前ですが、稲葉先生の記録がきちんと残されていて、大学側は大変歓迎してくださいました。

こちらのプッチャー先生が今回私達を案内してくださいました。
なかなか男前です^_^

P1000412.JPG

大学の診療室の壁にはこんな絵が描かれています。
医局員や学生が、教授の顔を真似て描いたそうです☆

DSC00941.JPG

こちらはチュービンゲン大学の風景です。

P1000401.JPG

教授室で記念写真を撮る福永秀一先生。

P1000416.JPG

このお部屋は補綴科の医局だそうです。

すっごい綺麗ですね(@_@;)

DSC00983.JPG

もちろん、大学であっても、すべて診療室は個室です。

P1000414.JPG

そして、ありました☆

ビルドインタイプのミニテック(技工机)です。

チェアーサイドで、 技工ができるようになっています。

これは稲葉先生がKaVoにアイデアをだしたものですが、日本では手に入らなくなってしまいました。

P1000415.JPG

こんな感じなのですが、みていただきたいのは持ち方です。
技工用エンジン、KaVoのものは重いと評判ですが、日本人はお箸をもつように作業するからです。
ドイツではこのように持って仕事をするので、重さは感じず、反対に安定した仕事をすることができます。 

DSC01446.JPG

こちらのお部屋はインプラントのライブオペなどを実習する、一番大きな診療室だそうです。
素晴らしいです。

DSC01356.JPG

大学にはプロのカメラマンがいて、患者様のプロフィールなどを撮影するそうです。
ということで。

次回は、大学の技工所、ラボについてお伝えいたします☆
⇒第2回の記事はこちらからどうぞ

〒101-0021
東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル5F
TEL:03-3525-8314   
FAX:03-3525-8317